EDの原因

EDは、加齢に伴って増えていく病気の一つでありますが、最近は、20代、30代の若い世代でも、勃起不全に悩み方が増えています。原因は多岐にわたり、精神的なストレスによるもの、加齢によるもの、生活習慣病によるもの、神経系の病気によるもの、手術や外傷によるもの、薬の副作用によるものがあげられます。その中でも、20代から40代の若い世代に多いのが、精神的ストレスによるEDです。EDは、ちょっとしたことでも起こりうるので、たとえば、奥さんから「 だめな人ね 」 「 役立たずね 」などと軽はずみで言った言葉でも過敏に反応して、勃起不全になってしまうこともあります。最近何かと話題の「 DV 」も原因になったりするでしょう。精神的なものが原因となるEDには、大きく分けて2種類あります。言葉の暴力はなくとも、結婚生活がうまくいかなかったり、経済意的ストレス、疲労など、思い当たる節があるものを、現実心因とよび、日常生活には思い当たる節は無いけれど、幼児期の体験、性的トラウマなど過去の経験が原因となり、心の奥深くのところに原因があるものを深層心因と呼びます。現実心因の場合、カウンセリングや薬の服用で簡単に治ることも多々ありますが、深層心因の場合は治療が難しく原因解明までにかなりの時間を要する場合があります。一時的に勃起不全を改善させるなら、バイアグラなどのED治療薬を服用することで可能です。結婚生活においてセックスレスは離婚の原因にもなる世の中ですので、たかがEDと思わずに、真剣に向き合うことが良いでしょう。