勃起不全で起こる問題

ある程度年齢を重ねると、勃起障害が出てくる確率も高くなっていきます。年齢とともに、男性ホルモンの分泌が少なくなると、性欲が無くなったり、上手く勃起しなくなったりする原因になります。パートナーがいない場合、自分だけこの状況に向き合えばいいのですが、パートナーがいる場合は、しばしばこのことが問題となります。夫婦の場合は、どうでしょうか? 子どもを望んでいる場合は勃起障害は夫婦にとって、とても重要な問題となります。最近は、出産の高齢化になっているので、夫が男性ホルモンの分泌不足による勃起障害で悩む夫婦も多いことでしょう。男性は、そんな自分の精力の無さに自身をなくし、コンプレックスになってしまう人もいます。子どもを望む夫婦なら、なおさらでしょう。しかし、女性は、そういった男性の気持ちをあまり理解できる人はいません。きっと、自分に魅力がないから、気持ちがさめているから、勃起できないんだ・・。などと勘違いする女性もいるのです。また、女性は、男性が年齢とともに精力が衰えるのに対して、女性は40代から50代ごろが、一番性欲が高まるとも言われています。しかし、男性は、40代から50代にどんどん精力も衰えていくものなので、ズレがでて、問題が生じます。たとえ子どもを望んでいない夫婦だとしても、セックスレスに陥ることは、夫婦存続の危機にも陥ることにもなります。