勃起不全と夫婦関係

10代、20代前半から知り合って結婚した夫婦なら、一度は立ち向かう壁でしょうか。セックスレスの問題です。10代や20代前半は、人生において最も精力が高い時期ですが、男性は、年齢を重ねると、男性ホルモンの分泌が減少してきてます。一般的に40代から50代ごろに精力は減退します。性欲は一生があるものですが、上手く勃起しなくなったりします。これを勃起障害( ED )といいます。セックスしたい気持ちはあっても、射精までいかないのです。しかし、女性は精力の減退に落ち込む方は男性よりも圧倒的に少ないです。なので、男性の年齢の精力の衰えに気づいてあげられないこともしばしば。数年前は毎日でもセックスしていたのに、なんで今はぜんぜんなくなったの? 私のことが嫌いになったの? 自分に魅力がないから? 間違った解釈をしてしまうこともあります。また性行為が上手くいかなくて、途中で終わってしまったりすれば、男性はかなり自信をなくしてしまう方も多いのです。「 男のクセに 」などと心無い一言だけは絶対避けたいです。でも、ある程度年齢を重ねた方には誰でも通る道ともいえます。女性にも、40代から50代のころに、更年期障害が訪れるように、男性にも更年期障害はあります。男性ホルモンの減少は、精神的なバランスも左右しますから、イライラしたり、落ち込んだりする原因にもなります。ときに、うつを引き起こすこともあります。セックスレスで離婚に至る方もいるので、EDであることがわかったら、治療していかなければいけません。EDは、精神的なものから来ることもあるので、たかがEDと放っておいてはいけません。