勃起薬(レビトラ)

現代の男性において、EDで悩んでいる方は多いようで、勃起薬を服用されている方も多いのです。勃起薬とは、男性の精力を高める薬のことで、バイアグラが有名ですが、バイアグラは1998年に世界で始めてED治療薬として発売されたもので、勃起薬自体は誕生してからまだ20年にも満たない、歴史の新しいもので、今までは病院にいって処方してもらうものでしたが、現在は、インターネットでも気軽に購入できるものとなりました。一昔前は、勃起に悩んだらバイアグラ。というイメージであったものの、様々なものが発売され、効果や飲み方も薬によって様々で、自分に合うものを選ぶことができるようになりました。勃起薬を服用する際に、多くの薬が食事の影響を受けてしまいます。満腹時に服用することで、効果が薄れてしまうのです。。しかし、中には食事の有無で効果が左右されない薬もあります。「 レビトラ 」は、ドイツに本社を持つ、バイエル薬品が製造している喪で、日本で、バイアグラの次に医薬品として認可された勃起薬です。バイアグラと比較すると、食事の影響を受けにくいといった特徴があるのです。レビトラの有効成分は、パルデナフィル塩酸塩水和物というもので、水に溶けやすい性質から、個人差はあるものの、バイアグラよりも即効性があるとされます。人気や知名度はバイアグラには劣りますが、食事の影響が受けにくいことや、即効性が高いということで、それらの特長により、レビトラを服用される方も多く、人気のED治療薬の一つになっています。

勃起薬で男女の関係を改善

いくら好き同士交際している男女であっても、からだの関係は合わない・・。元カレ、元カノの方が合ってた・・。ということもあります。女性で多いのは、行為のときに、演技をしている。という方が多いそうです。男性は満足していて、相手も満足だろう・・。と思っていたら大間違い。実は女性が我慢していた。ということもあるのです。また、逆に女性はもっとセックスしたいのに、男性側があまり乗り気でないパターンもあります。性欲の差の違いもありますが、乗り気でない場合の中には、EDである場合も隠れています。EDですと、中折れしたり、途中で小さくなってしまったり、最大限に起たなかったり・・。EDの原因には、様々なものがあり、肉体的、精神的影響によっておきるので、まずは原因を特定し無ければいけません。EDであっても、勃起薬を使えば簡単に改善することもあります。過去にうまく起たなかったことが原因でトラウマになっていて、以後EDになっていることもあります。相すれば、勃起薬を使って、意図的に勃起させることで自分に自身を取り戻し、それからは、勃起薬なしでもうまく勃起させることができることもあるのです。若い方は特に薬になんか頼りたくない・・というかたもいるでしょうが、放っておけば治るというものでもないので、早めに改善させたほうが今後の生活にも支障をきたすことが無いでしょう。特に、交際しているかたがいる場合には、相手はひょっとしたら不満を抱えていて、破局の原因にもなりうるので、早めに治療することをおススメします。